So-net無料ブログ作成
検索選択

『106/第9地区』 [>>オススメ(2010年)]







正直、あんまり興味を惹かれていなかった映画なんですが、
『フォース・カインド』を観た後、連鎖的に観たくなってレンタルしてきた『第9地区』。

どんな映画なのか全く知らずに観たんですけど、
「こうゆう内容だったのかぁ〜」とちょっとビックリでオモシロかったです。

ニール・ブロムカンプ監督は、“政治映画ではなく、娯楽作品を目指した。”とコメントされてますが、難民問題から人種差別、人間の持つ本質的な怖さなど、エイリアンを通して色んなことを問いかけているような印象を受けました。

もちろん、ちゃんとした娯楽作品になっていて凄いなと思いました。

映像特典に入っていた製作日誌の中で紹介されているドキュメンタリー風映像と本編ドラマ映像の撮影方法のこだわりや、エイリアンの声を作る音響デザイナーの方達の話もすっごくオモシロかったので、本編と一緒にぜひ♪

エイリアンを難民として描くという発想が、とにかく凄いですね。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

u_yasu

KOEELE_tokky様、nice!どうもありがとうございます!!
by u_yasu (2010-08-17 10:07) 

u_yasu

つなみ様、nice!どうもありがとうございます!!
by u_yasu (2010-08-17 10:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1