So-net無料ブログ作成

『011/フロム・ダスク・ティル・ドーン』 [>持ってるDVD]



かなり久しぶりに観なおしてみた奇想天外、
度肝を抜かれるロバート・ロドリゲス監督の映画『フロム・ダスク・ティル・ドーン』。

劇場で観た当時、
前半と後半のテイストのギャップに
完全に参ってしまった、とても好きな映画です。

この映画のジョージ・クルーニー、
とにかくクールでカッコいいです!!!

クエンティン・タランティーノのぶっ飛んだ演技も必見!

今観ても、すごく個性的でぶっ飛んでる
相変わらず大好きな映画でした!!!




nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 6

ken

初めて見たときは全く付いて行けませんでした。
でも2度目は、タランティーノを何本か見たあとだったので
相当面白かったです。
映画って見方が分からないとダメって典型ですね。
by ken (2012-04-08 22:40) 

u_yasu

ken様、nice!&コメントどうもありがとうございます!!!

コメント返信が遅くなってしまって、すいませんっ!

>映画って見方が分からないとダメって典型ですね。

ですよネ!

特にこの映画って、
ブっ飛び方に付いて行けないと楽しめないですもんね・・・
by u_yasu (2012-08-08 15:20) 

u_yasu

成瀬様、nice!どうもありがとうございます!!
by u_yasu (2012-08-08 15:21) 

u_yasu

つなみ様、nice!どうもありがとうございます!!
by u_yasu (2012-08-08 15:23) 

u_yasu

だみかん様、nice!どうもありがとうございます!!
by u_yasu (2012-08-08 15:24) 

u_yasu

今造ROWINGTEAM様、nice!どうもありがとうございます!!
by u_yasu (2012-08-08 15:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。